2013年7月18日

マンデラ・ディに思う ビッグデータの時代など

あのアパルトヘイトから連想ゲームをやる時には欠かせない単語(人名)。

俗に云えば偉人。比べる必要はないが

偉人といえば、アベノミクス(意味不明な現象論)で有名になった阿倍真三氏。それを崇め奉る人々。この人たちにアパルトヘイトは縁がない。というより円にならないからどうでもよいこと(票に結びつかないから・・・と公明党、小銭に執着する人たちの政党か・・)

近頃ビッグデータが注目されている。多変量ばらくデータ解析士資格を取ってから暫く日が立ってとうとうそんな時代になったな、思ったりしているが、経済活動(小銭集め)に関心がない性分から、マーどうでもいいことだよと思う今日この頃である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月29日

東大地震研が謝罪

 「非常に劣化したコンクリートのようなものだろうと判断しています。住民の皆さまをはじめ、社会的にも情報に関して混乱を与え 、おわび申し上げます」(東大地震研 佐藤比呂志教授)

「活断層確認」は誤り」というのは愉快。こうすればこうなる、だから原発は事故を起こす・・・のも必然だとも云えた。こういう知見に立って、原発を建設しその後「復興」する。(のか!)

近未来「東大生激論」を観てて、インドや韓国も結局おんなじレトリックに陥ってる、という「矛盾」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日

震災から2年 

経ったのか~。それと、「同窓会」本気にとりかからなきゃぁならない。

ここ地元でも関連した災害の記憶とその後の手抜き造成の民間分譲地に関する緊急復興施策がようよう着手されたようだし、あとは原発関連処分場か。「振り出しに戻る。」っていう同じ「賽の目」が出ることだって、ギャンブルなら良くある。・・・

実は「震災」は民主党のせいじゃぁなかったことだってそろそろ解かったようだ。阿倍や小泉が元凶・震源なのだという自明のことが株価に現れたんだと信じてる御仁(有権者)は少なくないようだ。

津波が起きたから、施設や人家や道路も全部高台にしよう、防波堤をさらに高くしようっていう議論や自公が政権とったから災害はもう起きないという信仰の欺瞞。つまり「魚釣島」や「竹島」が実は真の震源だということ。

だから「石原慎太郎」を首相にして日蓮のお題目をとなえれば津波は来ないし原発は鎮まるというんだろうな、きっと。

■その後

それは原発の背後にアメリカの存在があるからだ。
この結果、永田町、霞ヶ関、丸の内は「沈黙」か「賛成」することになる。
「沈黙」は「賛成」であるから、要するに「賛成」である。
しかしわれわれはアメリカの進めるグローバリゼーションや国際資本主義経済システムに明確に反対する。

70年安保時代の再来か?090721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日

80年後のKENJI~宮沢賢治 映像童話 なるものを見たが

これも違和感。何故か「宮沢賢治」の名前にベッタリと依存しきったモノは大体いけない。やはりダメだなぁ・・・。
マスコミ全般に賢治の最期詩『もうだめでしょうな』という喀血時のセリフに似合う表象できる(ピッタリする)手段はないものか。ガッカリだよな~。

 映画、アニメ、演劇 いかような手段で賢治作品を大抵異質で終わる。とつとつとした(花巻なまりの)朗読や「春と修羅」の復刻版の装丁ぐらいか。

  (只、ますむら・ひろし氏の「猫」漫画とこれの延長の長編アニメ「銀河鉄道の夜」は珠玉だ。別格だ。細野晴臣は音楽も絶品。矢張り、杉井ギサブロウ氏などの監督に頼るほかないんだろうな・・・)
<iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/RyOJx_ILaYo?feature=player_detailpage" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月10日

追悼:東松照明

『(浦川志津香)』について、NHK・BSのアイカイブ、再放送を録画して観た。12月にな亡くなった東松照明。持病だとか。タイミングはこの街や日本が放射能の圧力が圧し掛かっている時期だ。

その中で私が一番気になっていた「志津香」について報告もあった。彼女については[長崎〈11:02〉]に詳しい。彼女の写真は写真集「長崎〈11:02〉」や最近のフォトミュゼ版や長崎曼荼羅などのほか数千カットあるようだが、元気な「山口仙二さん」も映像で出て来る。200人分の臓器入れを撮影する風景。俯瞰で撮る東松・・・・。そのほか東松について作品群の一般向け紹介。織作など。凝視について語る。元は日曜美術館の番組。 

Kc3h004512月に亡くなった東松への追悼番組だ。
昔、広島は土門が撮り、長崎を東松が担当した。
吉増剛三など。沖縄の『太陽の鉛筆』以来カラーになったんだとか。
東松氏に生前会えなかったのだが、これを機にゆっくり写真家東松の作品を見直そうと思っている。私も全日(学生写真連盟)当時からの【東松教】の古い信者だから、作品自体の評価などはする立場にはないし、こんな雑駁なテレビ番組でも【教祖】に立った見方しかできないぞ。これも「狩猟文化」だとテレビは今放映したり・・・・。いずれにせよ野蛮で、野生動物を殺すのは楽しい、その楽しみを拡大したい、広めたいと「環境省」の言葉をNHKのクローズアップ現代は伝えている。猟友会、まさに日本の「ライフル協会だな、その内絶滅危惧種だ。

日本人の楽しみを奪うのかって、まるでオバマみたい。最終的は北朝鮮文化に席巻され、竹島もそのうちソウルに編入か?。どこが日本人だ_。

▼[アベノミックス(善の殲滅の翻意)]なんて、いい加減ででたらめな『造語』)を後生大事にしている我が国、日本の行き止まり状況を正しく表現している用語だと思う。そしたら『株』価はそんなことでもあがるんだ、なんという『でたらめな』社会・・・それこそ追悼対象だ。金の亡者には確かにふさわしい響きがある。歓迎してるという声もあるんだが・・・。「創価学会」ももう少し冷静な状況分析 しなければいけないようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 1日

女子柔道と大津のイジメ自殺 そして「体罰」

結果同根の事件。一方は高校生が多数の同級生によるイジメにより自殺、他方は「勇気ある」元(あるいは元職の)警察官のオリンピック選手団「監督」単独による選手イジメ、そして「監督」の辞任という「」自殺?的辞任劇」。(死人はさすが未だ出ていない。)   なんか同根の事件だが阿倍(総理)くんはどう感じてるだろうか。国境挟んで国際的イジメは続くが・・・。

監督はクラス担任、選手は生徒、そしてJOCはPTA、・・・・・。

そして近くの活断層には放射能関連の施設が設置されようとしている。なんか怖いな。

2/13 オリンピックから「レスリング」という競技自体が消えそうだ。
その代わり「野球」が採用されたり・・・・どこか
あの『柔道』ってのも、もう消えていいよ!!そうすりゃぁ『体罰』も消えるサ。

(その代わり『キンボール』が新規採用されたら『ガバディ』と拮抗するなぁ!)

韓国の「竹島騒動」はうやむや・・・。体罰得意の「柔道」や『テコンドー』は継続だよ!!!韓国は裏街道には強いなぁ 改めて敬服する。竹島はもう韓国領よ!

道後温泉まで 「アカンボ連れ」の湯内粗相やグズリも歓迎とか・・・。迷惑だよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日

大島渚逝く

15日に肺炎のため80歳で亡くなった映画監督・大島渚さんの通夜が21日、東京・中央区の築地本願寺で営まれた、とか。・・・合掌。
彼の映画は60年代のものは劇場(創造社)で観た。戦メリ前後からは観るのは止めている。
私の写真作品は殆ど彼へのオマージュだったとも言える。彼と若松浩二だったなぁ。感慨は・・・。次の写真展

体罰高、桜宮高校入試中止。一例としては面白いが・・・。頑張れ日体大。箱根・・・。日テレ・・。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/JWza1V9VM2E" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月10日

高2自殺

高校2、バスケ体罰で自殺!!!

 「いわくイイ先生なのになぜ・・・嫌ったのか」  イイ宣伝だったのに。
   自分は(殴られてないから・・)「あの教師、学校の宣伝(営業)なんだから・・・」と周囲。
      高名、揚げてきたのに ねぇ
        他方で箱根、日体大・・・タスキ
     元より、自殺したのは弱いからだ。とマスコミ。
・・・なんてことはない。マスコミはイジメ自殺と同じレベルの議論を繰り返し流している。
  いつも死んだ方が負けだ。『抵抗力』って?『免疫』って?『元気』って? hospital
同時にオリンピック宣伝誘致の報道。」矛盾してないかい。
まるで中国共産党政府報道官の記者会見や政治声明と同じじゃぁないの。
実は自公政権宣伝部も、ココが出番じゃぁないんかなぁ・・・・・。とくに創価にとっては・・・
   ----このまあじゃぁ、ますます尖閣や竹島、北方領土が遠ざかるなぁ----!
1/12 ようやくいつもの【ジョウビタキ】が庭にもどってきた。2~3日前に植木の陰で見かけたので、今日確認をした。撮影気分にならなかったから写真はないが・・(・同一の固体かどうかは不明だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日

正月早早、めでたく転倒して負傷キズ

130106_235101しかも顔面、眼でなかったからラッキーと云えばせめても、といえば云えば云える。
自棄焼酎1杯で舗装道路に転がったんだから情けない自体だ。掌にも深さ5ミリ長さ3センチほど、それから両膝頭など各所も負傷、眼鏡架けてなかったからこの程度だったが、とにかくこの我慢できないこの寒波!。まるで陽水の『氷の世界』そのものじゃぁないか。

路面は小雪で凍てついててヤケに滑るし・・・これも阿倍新内閣のせいか。絶対報復しなきゃぁと思うよshock。でも参院選も壊滅選挙だしね。ここ矢板でも放射性廃棄物で、今度の内閣も絶対粉砕しかきゃぁ!!

TVは高橋真梨子、変に【にやけた】ヘンリー何某と並んで映ってる、これも粉砕だ。
でもマリたんもアップで見ると顔色衰えたなぁ、・・・。今、ジャニーギター♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日

民主党の終焉

【総選挙という今風紙芝居】または パラパラ漫画【コリア海峡冬景色】だ。

昨夜(12月9日)、地方の自民党議員と飲んだが、まさに民主党の終焉を祝して乾杯というポンチ絵のような図式だ。

多少苦々しく思ってたが、全共闘世代の終焉という自体は(冷静に考えれば)一時の『憂さ晴らし』でしかなかった、文字通り「線香花火」だったのか、あの小泉戦略(小選挙区の罠)の仕掛けに結局はまったというほかはない。だが老舗の大看板に怯えたのか(ビビッタんだろうか)、もともと筋力を備えていなかったのか(この3年半の流れと話題になった政治家たちを含めて)、もう事実上の総括の時期なんだろうか。この年内にフツウの政治評論家たちが文芸春秋や中央公論あたりに簡単に総括。肩のこらない筆致で障ってくれるだろうから楽しみだ。

あんな危ない原発をアメリカ政府の言いなりでこの日本国内に作ったのは皆さんの自民党、壊れたときの政府は民主党、これを絶賛し、応援したのは公明党と『創価学会』、裏側で丸儲けは霞が関の完了という図式は完璧で壊れたな。自民党は日和見・公明党を排除して単独政権としたほうがいい。『日本』とともに竹島もちゃんと取り戻してみなきゃぁ・・・。

マスコミ勢も日テレなどアンチ民主番組・報道などの効果はジャイアンツも優勝、圧勝など目に見える効果は確かだ。尖閣の効果は絶対仕掛けた自民はクスクス笑ってるんだろうな。shock小党の再編や【民主党解党】だって時間の問題だ。<戻る、帰るべき農村社会もアメリカのせいで壊れて消えてしまってるし・・・shock。彼らは元より自民党ベッタリだから、<民主党の邪魔や嫌がらせ>は官僚たちにとっては自分たちの評価にかかっているから、自民党の評価が自然気になるのは幕藩体制そのままだ。神様は薩長にありか。おりしも今度の総裁は山口選出(長州)だからまさに総本山だし、いままでのようにゴマすりに手抜きはできないぞ。(だったら、魚釣り島周辺なんとかしろったら・・・・・)

だから、自民党は原発のせいで選宇挙に勝ったんだからここの原発(処理場)どうにかしてよ。阿倍2世も消えていいのに・・・。(小生棄権したんだからもういいけど。)どちらにせよ、我が市の放射線危機は余計深まることは保障付きか。日本の保守政治の目くらましもここまでだった。そろそろ本質にせまる新時代に入ったが、構造が易くなったのはたしかだし、今の日本人全体の正体が見え透いてきた)。公明 これからは共産支持に戻ろうかとも・・・。は! もしかして、ここはいつから【ロシア】!!!の領土。北方四島か 
日本が見え易くなっただけじゃぁなのか。(民主が勝ってても、われわれの勝利じゃぁなかったし、創価学会がなくなったわけじゃぁないし、な・・・・)。「惨敗」したのは、われわれ年代と反米という理想なんだね。

マスコミ・ネタにも本当はならないのだ。↓(日テレは狂気乱舞だけど、土建屋も。)

『決められない政府は選挙で惨敗、決めるのを妨害したその政党などは歴史的圧勝』。
  日本列島冬景色か~~。
『魚釣り島で対中関係を悪化させた候補者(=裕次郎の兄)は都政の歴史上最高得票』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 1日

つぎの写真展準備に入る

次の写真展の準備に入った。今度も又、場末の郷土資料館。
が、主催は市文化協会。先の四方山展の際、結局隠された「麦稈ロール風景」を主に2点。

Kc3h0041

(連年より数週間早いという初雪なんだが、これは初雪というよりも本格的な【雪降り】。)
この雪で気も足も進まないし、【塩田の処分場】の下見もこの早目の大雪で急遽延期した。
▼かつて、つげ義春の『ネジ式』が発表されたとき、その内のコマのいくつかが【アサヒカメラ】の月間コンテスト入賞作品から借用したものだと気付いた。
同様に、T大写真部の友人も持っていて、原作の写真を当てっこしたもんだった。
コンテスト記事のみならず、その中には東松の写真集『日本』から借りたものなんかもあったりして・・・。
(それが「仲間作り」の一環というか興味関心時の確認作業だったんだろう。・・・あの『安田講堂』のころの思い出。
・・・・ただの確認作業といえば、そうかも知れないムナシサ。)
だから写真作品はデジャブを再発させ、かつ、そんなふうに記憶の深層に堕ちこみ、他人や自分の既視体験感に誘発しなければいけないと、今 のエリック・クラプトン日本公演(最後の世界ツアー、wowow)を鑑賞しながら、そんなことをつくづく思う時間・・・。
<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/JEQ3dVa0Aus" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『AUひかり』の罠に嵌まってしまった。酷い目にあった。

1月ほど前、ひかり通信の件で・・・と家人がいうので(相手を詳しく確認しないまま対応して)、結果「光回線」をNTTからKDDIの変更を承諾してしまった。なんだかんだで、1月後、電話はOKなのだが、無線LANがいうことを聞かない。I.Eのバージョンやノートが古いんで、それもあって(以前うかつにI.E8で困ったことがあり・・)警戒してたのに、一寸注意不足で!!

通信料が月額わずかに安くなるだけで(NTTに特に不満はなかったのに)手間のかかること。わずかな前進?にこんなに手間かけさせられて。

それから、結局はノート本体を新調(os含めて)するような事態にKDDIは追い込むのか。(会社自体あんまり存在意義はないようだ。) 社会資本からみれば、自社の社員の年収確保の手伝いさせられてるような、無駄の蓄積。小泉(純)が掻き回した戦後体制の(見掛け倒しの)清算事務は多方面に当座の無駄な作業も強いて、当人は、あとは息子に代替わりして知らぬ残是ぬの年金三昧か、気楽なもんだね。
それでも、自民党ファンや巨人ファンはシブトク生き残っているのが、すごいといえばスゴイ。こんどは、また、安部ジュニアかあか~。有権者は舐められつづけて・・・・、グズキャッチャー礼賛! あれでも巨人ファンには希代の<イケ面>に映ってるんカモ!。(鏡見てて、ニンマリしてるんだな~。不気味)

とにかくも、とんだ罠にひっかったもんだ。(不注意じゃあ、ね、自己責任だけど・・、)
よく考えれば、NTTもユザーがこんな酷い目にあってるのに、知らぬ存ぜぬの態度でいるなんて。もとはといえば、個人情報を(元は同僚だっても)他社に垂れ流しするから、(コンプライアンス上問題ないのか・・・)こんなめんどうな事態に「まきこまれたんだ」といえるぞ!
アクドイといえば、悪どい商売してるなー、携帯業界!!!!!

J・CONNECTの東日本支店KDDI事業部の青木慧(けい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日

麦旱ロールの寂しさ/写真展案内

あの寂しさは、きっと北方、恐らくはオホーツク生まれの寒風(木枯らしか?)が運んできたにちがいない。(画像クリックして!)

Sepia1

刈り終えたばかりの田んぼの夕景の稲藁ロールの影のなかに染み込んで見えたり、すぐに消えたり・・・。
今日、先日秋葉での高校同窓会の結果・報告が届いた。
その中の近況報告を読むにつれ、そんなことを感じる。
想い出と言い切ってしまっていいんだろうか。
幹事殿、お世話様。

ブログランキング・にほんブログ村へ

だから、来週からのグループ展(郷土資料館)の額装などに全勢力を注ごうか。Photo_2

                         (会場寸景 (date 2012.11.18 )客はわずかだ。)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日

米大統領 オバマが勝ちだとか

いう報道が確実ならマー現状維持でいけるのか。セ・リーグと同じか。
金持ちが勝つというのは(セ・リーグと同じ)日本だけか、
尖閣は良い方向に行くのか、いよいよ対イラン戦が本物になるのか。それでいいのか。
結果、良くも悪くもないのか。巨人ファン・自民党だけが復興か。ブログランキング・にほんブログ村へ

▼市の文化祭は終わった。例のシャープに絡んだ動きが(表面的ではないが・・・)アチコチ現れてたような気がしたが・・・気のせいか。道の駅の賑わいが目立った。
これから郷土資料館での展示へとシフトする。
林課クラス会にもそろそろ確定作業に入らねば!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日

原田正純・水俣未来への遺産(ETV特集)を見る。

水俣病・・・私等の卒業・就活時期に大きく、激しく報道された事件
当時我々が取材、出版した写真集『この地上にわれわれの国はない』を思いだした。
しばらく振りに本棚から取り出して見た。

「水俣学」を提唱した医師・原田正純氏・・・何か古い時代に忘れていた「正義感」を久し振り刺激された番組だった。(氏は今年6月逝去した。)ブログランキング・にほんブログ村へ

自公政権が意図的に放置した「チッソ」 その政権を永いこと支持してきた有権者(国民大衆)
そういう政党を性懲りもなく再び政権に付かせようとする日本国民とマスコミ。

笑え! 自らをも含めて、嘲笑ではなく、ただ淋しく 笑え!!!よ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012年10月22日

また巨人?!変わらない日本人、、

Kumoがんばっただけだ、中日・・・。元来(架空でも、日替わりでも)ヒーローがいないし・・・。

日テレの中継映像じゃぁ巨人ファンの狂乱振りばかりーーー社命だろうな、出世にも響くしーーーナベツネ命。
世の中のアンチ巨人たちは今何を思ってるか、想像してみよう。
プロ野球ファンとセリーグファン、それぞれニュアンスはシンプルな反応だが大体想像はつくが、想像しがたいのは巨人ファン、「腹立つ監督」のファン。小生はハラタツ現役のころからイヤだったから、(チームの勝が決まってるようなきや当時最下位のヤクルト戦の時に限って本塁打量産)その流れからシリーズが面白くなってきたいう実感。日ハムが楽しく感じられるような試合展開見せて欲しいと思うな。テレビ中継の客席の様子が愉快、戦前の愛国者の再現、まさに蘇りだ。!(特に東京ドームが顕著)

▼自公民やアメリカ共和党が政権取り返す事態を歓迎しないどころか、そういう結果となるような投票行動を、やはり日本人や米国民は繰り返すんだろうな。反省もなくーーーーー『NHKファミリーヒストリー「余貴美子」』を見ながらそう思う。

101105_001ブログランキング・にほんブログ村へ

そろそろ写真展(グルール展と文化祭)の準備、本気にならないと・・・。
←も展示候補。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂気の役者、大滝秀治の葬儀生中継

日テレ「ミヤネ屋」で見ている。ブログランキング・にほんブログ村へKumo2

或る時期には彼の狂気が気障りで、見るのは避けていた。でもどことなく好きな役者であったけど・・・。
生で舞台はみていなかったが、録画でみた「駱駝」なんかは楽しめた。
弔辞で倉本聡は「追いはぎ大滝秀治」のエピソードなど。奈良岡萌子の弔辞・・・。
なんか他人ごとではなく、身内の葬儀に出て、聞い見ている気さえする。
高倉健の「弔電」(先日のNHKスペシャルで高倉健は大滝のセリフ回しを絶賛していた。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日

あの同窓会が執行された。

Cimg3405

写真の6人に女性1名の総勢7人参加だ。意外と少数だった。
秋葉駅前だ。会いたかったやつ、そうじゃないやつ、どちらでもないやつ・・・。
よく知ってる場所だった(つもり)から、トイレにいきながらタバコを探しでビルから出た。
これが運の尽き、戻れなくなっていわゆる「迷子」、電話掛け捲って、どうにか合流できた。

_20121014_684呆れ返った幹事にホテル(隣の駅徒町)へ『連行』、翌朝10時までホテルで寝入った。チェックアウト後、上野のツタンカーメン展に寄ろうとしたが、意外と疲れてて、その上、日曜で混んでたんでパス。そして、夕方、各停で帰宅。


_____________________________________

_20121014_685cut

途中下車で例の街、駅前であの喫茶店をさがしたが、近所のひとも「今は判らん」ということだった。・・・。
そこは、「白十字」といったが、いまは近所に越して同名の「パチンコ」に業種転換したようだ。
・あの「オリビア」を探して・・・がようやく終わった。
『案外、重いローンの完済』だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日

彼岸花(簑沢)

Minosawa01友人がもう遅いだろうと云ってたけど、とにかく下見のつもりで寄ってみた。
結果はほぼ満開。日当たりの良すぎる斜面では、灰色彼岸花もいくつか見られたが大方は身頃だった。ただ、天候が厚い雲で日差しがない。義経街道を下って、境の明神に寄って撮影してたら太陽が現れたから、戻って数枚こんな「赤い」彼岸花を撮ることができた。
 (地元民はこの公園設立までの苦労話や町がこと土地を購入し整備できたこと、そして今年は初夏の天候が幸いしたことなど話してた。)

ブログランキング・にほんブログ村へ↓ 大体こんな感じだ。

Minosawa00  

『咲いてる花、多すぎて撮影に苦労してる。』とカメラマンらは嘆いている声が聞こえた。

ここは放射線もきつい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日

那須フラワーセンターのコスモス

1maires

おなじみ那須フラワーセンターの花たち。センターは地上絵とか云ってるが言葉の「アヤ」だろう。
「地上絵」といったらナスカみたいな蜘蛛やオマキ猿など、思い切り「具象」じゃぁないと・・・ナ。
120924169kosumos

当然季節がらコスモスだ。しばらく寄って無いから光の方向が読めず、植栽の影だった。
午前中の方が光の不足が無い。この日の那須はこのアト豪雨。

             

▼尖閣戦争に台湾も参戦。ま、「尖閣」の火付け役は慎太郎クンだろうが、いいとこで逃げた。
後始末は野田総理に、といっても慎太郎親子がタッグを組んで、両面攻撃だぞ。
「民主党」じゃぁもう限界だね。最後は戦場を「都議会」に移さなきゃ・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日

季節がらエゾ・リンドウなど(沼ッ原)/叛日デモ(中国)

先月の中ごろ。踏査したときは道路改修の工期は過ぎた、と思い嵐の予感の中出掛けてみたところ、未だ工事中。看板にも10月×日終期に変わっていて、未だ路盤整備中。
あと1キロ位なんだが、不陸未調整、洗濯板状態で車輪がドシドシ弾かれ、まだまだ快適走行まで掛かりそうだ、紅葉の頃には間に合うかな・・・。

_20120916_567res

ブログランキング・にほんブログ村へ

リンドウは上の台の処々に小さな群落、ここはオヤマ、そちらはエゾ という風にそれなり咲き乱れてた。コオニユリなどは既に咲き終わっていた。

_20120916_588アキノキリンソウなども霧の重さを感じさせるかのように、ゆれて咲いている。

_20120916_604

空は遠い台風の存在を感じさせる風に、時折小雨を落しながら雲が固まりで北へドンドン流れて行く。

Img_hanniti待ちに待ってた反日デモ。 政府指導下でデモるとは・・
(地元ではテレビ報道はしていないとか。・・)。
  現中国政府の動員・扇動なのだろうけど 、彼の国の国内問題なのだろうけど、コレジャァ反中国政府デモになりそうも無いナ、これじゃあ。
中国人たちは自国政府に満足シテルんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日

レンゲショウマが消えた(県民の森)

Renge1

昨年の写真。これが今年は探しても見つからない。咲いた痕もない。時期は同じだが危惧してたとおり『野草を愛する』ヤマアラシが出たか。ブログランキング・にほんブログ村へ
以前の記事⇒ http://nov.cocolog-nifty.com/blog1/2011/08/post-5226.html

_20120905_512          上の写真の株もこの_20120905_510とおり。⇒

http://kennai.fc2web.com/kenminnomorirenge.html ←参照

このサイトは下流の渓谷沿いだったようだが、私はいつもどおり上流の山側をあるいたんだ。
数日の差しかないのだけれど、やはり遅かったのかも知れないな。でも1輪もみられなかったのは悔しい。

9/11 谷垣氏 一転 総裁選 出馬断念との報道。(前日の臨時ニュースでもいってたし・・・)

 それも執行部から2人出ることはできないとか。(裕次郎の甥 伸晃のせい! なんて、ね!)
 選挙で勝っても 谷垣総理はないってことなんだ。「正統派保守」を任じる自民党に新記録誕生だ・・・。金メダルものだ。(ただしパラリンピックだが・・・)
朝日の天声人語は「昭和が匂うどころか、江戸幕府の末期を見るようだ。」と書いてる。
仁義なき跡目争いが見込まれる。・・・とも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日

放射性物質の最終処分場候補地に決まったとか!?

_20120905_529joint_2 その後矢板や高萩を含め、県内全市長を対象に改めて選定説明会を開くことにしたとか。さらなる欺瞞を追加か(さすが環境省!結果は変わらないだろうな。)

_20120912_541

NHKニュース全国版で「矢板」の名前、しばらく振りに聞く。

栃木県の放射性物質の最終処分場設置候補だとか。↓【候補地下流の草地】 安全なのは今だけ!もっと下流には水田灌漑ダムも・・・。米作も厳しい環境となるだろう。
_20120912_545

この上流には水道用ダム建設で移転してきた養鱒場もある。ブログランキング・にほんブログ村へ
この国有林は(私の)キイチゴの採取場なのだが・・・・。

お盆の高速渋滞とか当時の現職市長の贈収賄など、かつてもあまり自慢できないときにしか「矢板」の名前が聞かなかったんだが・・・。

110614_ar
市民が誇れるようなできごとで報道されることは、まずないのだから、甘んじて汚名を着ようと思うのか(こののち北茨城にも飛び火、国道461号の上流と下流に1箇所ずつか)。
最終処分場が建設されると、一層の風評被害など懸念されているが、『自業自得』といえる。現職の遠藤市長も『自業自得』なのだろうか。地元は120924yaita_02「絶対反対」。この施設を「誘致」したのに・・・、と思ってる人は、なんで?っていってるだろうに。

林野庁、私の同級生もみんな退職してるから
あ、別大学だけど、ひとり居るが、でも北海道だからダメだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日

雷雨の予感、入道雲

_20120824_499ar

気温は猛暑クラス、雲も雷雨の気配だが・・・_20120726_439

少しづつ冷気の気配が増して来たけど、結局崩れなかった。ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月16日

【ハンターマウンテンの百合パーク】を覗いてみたが・・・。作新学院・・そして光星。

_20120730_483r

最上部は満開だ。日陰になるところでは蕾状態のものばかりだったが、植えてある株の多くは日当たりの良い斜面だから、ほぼ咲き具合も色も結構楽しめた。なにしろ標高1,200メーターだからシャーネーカ!!!でも、500万輪の百合畑と謳っているが、なんか乱雑。

ブログランキング・にほんブログ村へ

_20120730_477

コース最下部。

_20120730_478

同じく、コース最下部。
開花状況からも歩くお客も多い。

_20120730_455

パークまではリフト。コースの下にも百合があるが、なんか淋しい。
標高が稼げるゴンドラは動いていない。

_20120730_487

休んでいるリフトもある。冬の初心者コースだ。短いし、高さも無いから・・・。

_20120802_489

暑い日だったから、ゴンドラで最上部まで行って、涼もうと考えたが甘かった。
 写真も紅葉時まで待って再訪する。

▼▼▼朝だ。高校野球テレヴィ観戦。
作新対立正大学淞南。

当然作新を応援してるんだけれど、16点以上の差があっても、どこか「どーなの」という不安が栃木県チームには・残る・・。
ま、しぶとくないのが栃木県人の良さであり、欠点でもある。そうならなければいいが・・。という希望というか応援してるみんなの気持ちなんだよ。
以前、9回裏で7-0をひっくり返された宇南高の悪例があったからね。大阪トリオもがんばったね。仏罰くらわなかった、な。
勝って良かった。そして次は仙台育英だって・・。完封されそうな気分が・・。
これもなんとか何とか勝った。( 8/22 が、これも終わった。予定調和。小針!!!

私等の思い入れの強い東北勢も光星(八戸)だけになったか・・・。連日、暑い。
あの東海大甲府にも9-2で勝つ。ホームラン3本だね。次は大阪桐蔭、リヴェンジだネ!白河の関を越えられるか、そのジンクスを崩せ・・・。

▽今晩は佐久山の花火なのに、もう一杯生ビールヤッチマッタカラ自宅で音だけ楽しんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日

山口県知事選で思う

保守党が【保守】する。復権だ。良くても悪くてもナンカ予定調和。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5093364.html

どうしようと考えているんだろうか。このままでいいだろうか。

民主党----この名称が維持しようとしたもの(確保した筈の)の本質の【最終到達点】なのか。日本が【日本】であり続けられる、行き着けるところの文字通り【限界】は基本なのだろうな。【日本】がオスプレイがアメリカから運んできた【なにか】のように迷走したからか。
水泳の北島の3連覇、それにナンカを仮託してたしてたナンカを見失って、途方にくれるのは現役から撤退した【段階世代】、彼らの事実上失権ということだ。
【震災ボランティア】ブームの【燃え尽き症候群】と同じなんだろうか。昨夜の反原発デモも主催者は20万人、警察側は1万千人だとか・・・・。

秋に予定されている国政選挙がそれ(失権状況)をはっきり確定するんだろう、な。
意義ある『街頭デモ』が国際的意義をうしなって効果的を持って展開されていない(マスコミの報道自主規制、過剰報道の自主規制を醸成した何かが・・・)、それを是とする世代が【権力】を示し出したということだろう。
ノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」の顧客名簿に乗って居ることが山口県民の支持を取り付けたんだろうに・・・・ノーパンしゃぶしゃぶなら当然田村敦の支援もあったんだろうに。

えいが【アベンジャー】の中身(ヒーロー達)に期待か。

 「新しい山口をつくるために県政を動かしていく。特に輝く夢のあふれる県政をつくっていく」(山本繁太郎氏)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日

田島祇園祭寸景(会津)

_20120722_399

幟が「祭りだー」といって、風に靡く。ブログランキング・にほんブログ村へ

_20120722_380

_20120722_381

_20120722_396

_20120722_411

_20120722_397

背景も夏本番なのだが、不要に涼しい。

[群像]は撮ってても肖像権なんかで他所で使えない時代だ。

_20120722_390

_20120722_413

_20120722_391

_20120722_394

↓マイクの怒号に女の子も口パクで「おーんさんヤレカケロー」。その声は聞こえない。_20120722_414

_20120722_407

午後は小雨。「大きいお祭り・・予想外!」と電車の乗客の感想談。本番のお祭りは本日(23日早朝から)なのに、残念。_20120722_416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日

【沼っ原湿原】その後

120719156

梅雨が明けて、空はそろそろ秋の気配。上空はオホーツクの寒冷な大気が入り込んでる証拠。
ブログランキング・にほんブログ村へ

120719132舗装工事もこれが最終段階か、いよいよ全線改良済みとして洗濯板道路とお別れとなるのか、閉鎖期間中は蝦夷竜胆やアガギマダラの撮影は今年はお休み。完工が楽しみである。

折りしも湿原はキスゲのシーズン。盛りだがナンカ
ポツポツという感じ。

120719138

120719134

駐車場には観光バスが数台。
混んでたら厭だなと思った。

案の上湿原の木道を団体客がアチコチで塞いでいた。

アザミ嬢のララバイ・・ミヤマボクチ。ヒオオギアヤメは色がモウ一つなので写真はない。

120719148

120719149

■ワシントン条約で【クジラ】に続き、今度は【うなぎ】。日本の食糧封じ込め で、アメリカは何を狙っているのか。牛肉とオスプレイの仕返しなのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日

【写真展】グループ風 第9回 に寄る。/カナカナ 初鳴き

Photo

那須野が原ハーモニーホール大1ギャラリーで。案内状↑頂いたから寄ってみた。
会場にはお客を含めて50人位。それなりに盛況といえる。
写真は曇天で静な「自然風景」、特に「氷」の写真の作品が多かった。このグループはペンタ645が主。スローシャッターを多様するから水辺の画に結局に行く。いまどき貴重な「フィルム写真」の展覧会だ。会員は6人、大田原市を中心に十和田から長野まで90点の作品。16日まで。

全体おしとやかで元気がでない。お気に入りはミハル写真館の薄井さんの残秋か。色彩はそれでも低い調子。
私らも10月を目指して撮り貯めねば・・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

7月14日 今、家の前の林で突然カナカナ~・・・、今年初鳴きじゃ。(折りしもアブラゼミの初鳴きの準平年)

山麓ではハルゼミだけだったが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日

【ノカンゾウ】や【ヤブカンゾウ】/大津のいじめ(総括)

_20120710_355

Yabu_no

近所の田んぼの畔はヤブ(左)とノカンゾウが盛り。この辺りが花の分岐点。南北で主な花が変わる。我が家に近いサイドはすべてヤブカンゾウ。もちろん自生のキスゲな無い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

_20120710_370

秋には彼岸花が咲く。農家の感受性に係っている。野の花も実は農作物、売り物にはならないが・・・・。

(大津のいじめ)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日

「映画グスコードブリの伝記」を観て

封切り日から数日経ったから出掛けてみたが、そのシネコンは極度に暇で、指定館は観客たった2名。そういう私も10年ぶりなのだ。Gusuko

以前の劇場アニメ「銀河鉄道の夜」。宮沢賢治の童話をますむら・ひろしがネコのキャラクターで漫画にしたものを杉井ギサブロー監督が映像化した。そのスタッフが27年ぶりに集まり、さらに手塚プロダクションも参加して作り上げた。だからそれなりの期待はしたものの全体がっかりだった。
恐れたとおりだ。(例えば音楽。以前は細野春臣だったのが小松亮太に。これは結果的に失敗だ。記憶にも残らない。)
全編、出来は悪いという印象。声優は主役の2人(小栗旬)は新鮮、つまりアニメだ!という厭味がなかった。

Gusugo2原案の方は「ますむら・ひろし」の愉快なネコのキャラクターたちを起用したことでファンタジー色の強い異世界を作り出すことは成功。(←)
映画でもワイエスの絵を思わせるイーハトーブ゙の森の情景は美しく、街の描写ではレトロ調な近未来世界をも創造していた。よくやる他の童話との下手な融合や混合もない。クーボー博士の開放講義が岩手大の本部棟風だったのは笑った。(ますむら版の画とは異なる)この開放講座は今でもあるが・・・。(今でも賢治的農村活動を続けている人も居るとか・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

映画はイーハトーブ゙の森で、木こりの父と母、兄を慕う妹ネリと暮らしていたブドリだったが、冷害が襲い幸せな生活は一変してしまう。そこの表現は良くわかりづらい。賢治ファンの私も居眠りしそうだった。人攫いに連れて行かれる妹ネリの行方も、より幻想的な描き方だったが、そこは原作通り(ますむらも描き出した形)の結末にした方が余韻。
露骨に『とし子』を連想させるから「監修者」が変えたのかもしれない。途中喧騒の最中にオホーツク挽歌の『青森挽歌』の一節を差し込んだのはイタズラが過ぎた。
伝記なので、子供だったブドリが出会いと別れをくり返す成長物語だ。だが「伝記」は映画では未完成だ(特にブドリの後半生が省略された。)。ネリが曲馬団に売られるたとおもさせたり・・・(原作にも無い)
天沢退二郎監修なのに。裏方サイドではイロイロ、口や手が混むんだろうが!
ぜひとも、賢治の原作やますむらひろしの漫画を読んでほしい。
どうしても宮沢賢治作品の映画は歪曲が多いから・・・。地震災害、うまく便乗できたか。

賢治の原作でも永いこと「読む気」が起きなかった作品だから、こういう扱いも運命か!
各地の賢治研究会の反応も知りたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日

【キスゲ・霧降高原】も寄ってみた

K0024

キスゲはポツポツと。K00267月22日までプレオープンだ。

Kirihuri

リフトが撤去されてキスゲ平まで「階段」。
標高1500メートルまで約100メートル登るのは少し辛いだろう。
登山道などは工事中。
天空回廊は1500メートルより上になる。まさに「登山」。

↓この日は空も雨空。下界方面も雲の下に見え隠れ、(カメラは持参しなかった。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日

【ワタスゲ】(駒止湿原)が盛りと聞いたので行ってみた。

梅雨の晴れ間はつかの間というので急いだが、空くのは2時ごろ見込んだが、団体バスが1台(大型駐車場に居たから)。これが帰るまで待って、入り口駐車場へ。誘導員の支持に沿って下側奥に1台のみ空きのところへ駐車。入り口付近に路駐が2~3台見えたが、観光協会関係者(案内テント、混雑してたんで、会釈のみ。)なのかも知れない。ブログランキング・にほんブログ村へ
キスゲはいつ頃咲き揃いますか。」「さー、いつ頃といわれても・・・」。こんな問答で混んでたのかぁ。

Komado

               ▲ 【いかにも梅雨の晴れ間】

↓スナップいろいろ。

Komado1

木道に移るワタスゲの影は風に戦いで愉快。ワタスゲの膨らみ方も丁度いい。「オオキイ!」と歓声も。撮ってたら、他所のカメラマンも関心を寄せたが、案外ステレオタイプ。
(1方通行の木道逆行者カップル1組にあう。カメラを向けたり視線を合わせないようにしよう・・。そういう輩は見かけよりヤバいことが多い。自分は特別と信じてるから・・・。)
木道の奥、丁度人の群れが消えたタイミングもある。ズミは殆ど終わり。キスゲも、もう直咲き揃うだろう。

案内員が帰った頃、駐車場付近には貸切バス2台が路駐。(クラブツーリズムだろう。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日

【キスゲ】沼ッ原の偵察結果

Kisuge

時期は少し早すぎた。沼原湿原全域探索してみたが、結局2株だけ開花確認。
ブログランキング・にほんブログ村へ

今はほとんどが蕾↓。時期が合えば綺麗に咲きそろうだろう。_20120626_299

↓ズミやレンゲツツジは咲き終わっていた

_20120626_300

湿原から戻るのには石段。大体88段だった。
暑い日では結構汗をかかせる。

_20120626_301

『熊出没!』のタテ看板が諸所にあり、こちらには冷や汗・・・。

【ちなみに昨年の7月11日の開花状況↓】

110711_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日

【紫陽花祭り】黒羽城址

_20120624_283

花は咲き始めというところ↓。【祭り】というには寂しい。ブログランキング・にほんブログ村へ

_20120624_279 _20120624_264

城跡広場は芝地にもどしてあるが、北側は復旧工事で立ち入れない。黒羽町の頃はここにテント村。懐かしがる声も・・・。

【イベント会場は下の駐車場側。】↓_20120624_290_2

司会者が
「演奏は**大学の生徒さんです。」
と叫ぶ。生徒???!!

この拘りがなんか気がかり。【生徒】という呼称になにか侮蔑的意味が・・・。
この地方では大学生は中学生と同じ《生徒》で、《学生》と呼ばれるのは高校生だけ。小学生は児童のまま。主催者たちの受験体験と地域の学制の歴史がそうさせてる。と。もとより学校教育法では、小学校の在学生を「児童」と呼び、中学校、高等学校在学生は「生徒」と呼ぶと規定。以前何かのイベントで訂正を申し入れたら、「慣習だから」と反発された。
わずか15年程度の歴史では慣習は変わらない。(ここの市役所の慣習。TVでも「浅草芸人」が良くやる云い違い。「この大学、生徒数は何人ですか」なんてやってる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日

【国際写真サロン】さくら市寛方記念館

Photo
「東南アジアの写真展ですか、これは・・・」という小母さん集団の声。確かにベトナム作家の作品は目立つ。ブログランキング・にほんブログ村へ イラン、インドなどなど。

Kc3h0020

世の中のアマチュアカメラマンの最高位サロン、一般アマチュアには金枝玉条、  手本扱い。古~い土門拳サイコーか!?全日写連はそういう傾向の人の集まり、なかなか「安井仲治」には出会えない。

昔は「いかにもサロン的」って侮蔑的に扱われたんだけど、ま、傾向は同趣旨だけど撮影技術では大変な進歩・発展を認めない訳には行かないようだ・・・。とくにベトナム。(経済大国じゃぁないところの写真はいい)

あ、全日写連、いったん辞めたんだけど、督促されて継続してしまった。サロンなどの「勝ち組」とは距離をとるけど、・・・・。
でも、このサロン傾向の写真はなんとも肌にあわない。サルガドも同傾向だけどサルガドはok。
最後は肌感覚なんだけど・・・良い写真はいい。感動がある。例えば↓など。

Spiritul_journy

Marching_patriots

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日

【那須ショートフィルムフェステバル】に行ってきた

Nasushort_3

アワードAを鑑賞したが、全体どこか冷めているとを感じた。
Aのみで全体を語るのは無茶だけど、原発事故以前はそれなりの熱さがかんじられた。
私共観客の触れ方ももうすこし熱かったような記憶。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Short1

              【会場点景↑初日午後 映写直前では7割位の入り】

そのショートフィルムのうちPhoto
『話の始まるまえに』と題した作品。
アニメーションだが、今年の冷めた感覚が良く出ていた。(今年のテーマは、「Smile(スマイル)」なのだが・・・)。
この外は全体、音楽や効果音に頼っている印象。『大きな財布』では、ラストの路上のリンゴ腐って見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日

【レンゲツツジ】(八方ヶ原)

_20120613_238

_20120613_239

ヤマツツジも身頃だ↓。

_20120613_246_2

←勿論レンゲも咲いているが、大間々台全域ではなく、下域が中心、小間々は株事態が少ない。花期は多少遅れているか。
天候は今にも降りそうで、光量が絶対的に不足、レンゲツツジは赤がくすんでしまう。

To_skytree

ブログランキング・にほんブログ村へ

■大気が澄めばスカイツリーや富士山も見えるんだろうに・・・・・⇒

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 7日

【渓流の里 山水】でそば懐石/【東電女性社員殺人事件】

120607_132901

120607_125901そのつもりではなかったが、いつもの店が定休日だったから、新規開拓で寄った。散策のついでとかちょっと昼食というには、敷居が高い。「蕎麦屋」なんかじゃないっていわれそうな・・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ

120607_132401

■東電女性社員殺人事件 長いこと不審がられた事件に一応決着、ゴビンダ氏釈放!
また検察の負け。
名張毒ブドウ酒では意地の1勝だったが・・・・。
冤罪は次々暴かれる。

東電OL』って現場付近で客を拾ってたいわゆる『タチンボ』、現場のアパートって被害者の家かと思わせ報道うだが、実は空き家、オーナーはゴビンダ氏の雇い主だとか、マスコミの誘導は嫌いだ。

(当時の新聞の見出し) ゛東電OL殺害される
                 昼はエリート社員
                  夜は街頭で娼婦”  

だが、先の「名張毒ぶどう酒」や「和歌山毒カレー」は好転せず・・・・同んなじ構図、検察がマスコミのタッグで【犯人】を造る。証拠はいずれも目撃者の曖昧な証言と【自白】のみ。(捜査員が誘導した疑い。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日

ポピー畑(喜連川)に寄る/映画『ガス等燈』

_20120604_215_2

近くの福祉団体などが先週末ポピーまつり実行委員会が実施したもの。ブログランキング・にほんブログ村へ

_20120604_222

_20120604_214

右の奥は崩壊した小丸山の斜面。

←通常は小母ちゃんたちがテント番。
「花摘まなくていい」っていったら笑われた。

映画『ガス等燈』

バーグマンが美しい。カサブランカの帽子姿に迫る。ボワイエ、コットンなどぞれのカラーがよく出て、メイドやまかない、近所のおばあちゃんまでぴったし。監督はジョージ・キューカー。「秀作」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日

那須塩原カレーフェスタに寄った/井頭バラ園

情報マーケットで)エコガレージ森屋で。

Karirfesta_main
お昼丁度に行ったら駐車場が一杯、2回目だから盛況のようだ。私は迷いに迷い、このうちから高山さんのポークカレーにした。甘口だな。500円。食後は定番アイスコーヒー。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Photo_20120602_210

▽過日、井頭公園のばら園

Bara_20120527_201_20120527_200

_20120527_203

女の子2人の家族連れ。

子供は居ても、女じゃ息子じゃないと「犬」、か~。
娘はボール拾いしないから・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月30日

明治精神史(色川大吉)を読み返す

Photo
そんな経緯から明治精神史を精読せねば、思い立ち、書庫から発掘して読み出してはみた。
途中で金子光春の『絶望の精神史』に乗り換え。こちらは読み物だから進捗が良い。
ブログランキング・にほんブログ村へ

「日本人の湿地帯的精神構造に対する激しい嫌悪感」(小野十三郎後記)の本質に何とか迫ろうとおもいつつ・・・・。

こんな記事も。「河北では(中略)日本兵は、男どもを一列に並べたままで、銃弾が、何人貫くことができるかをためしあって楽しんだ。それをそそのかそてやらせるのは古手の下士官で、兵隊の度胸慣らしと呼んでいる。(中略)強心術なのである。それは、何処の国の軍でも、軍と名のつくものの常套的なテクニックである。」。日本兵の残虐の特筆しようというつもりはない、と断っているが、南京事件も案外【真実】だったのかもしれないと思わせる体験記も多い。中国人の長い(外敵の大きな被害経験の)歴史は、その繰り返しといってもよく、これぐらいのことは慣れっこで、順応することも両手をあげて没法子ということも、なんともおもわない。
マレイ人が匕首をひらめかし、往来に飛び出して、相手かまわず殺傷してあるく発作的は狂乱状態をアモックという。日本の軍は、小心な日本人を勇敢な日本人にするために、この「アモック」を利用した。とも書いてる。戦後、吉祥寺で、見る影もなく衰えた横光利一にであったことなどが印象に残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日

旧友交歓

一昨日、高校の同級生のY君から居酒屋の誘い予告。都内の居酒屋でその内集まりましょうと封書。
先行小宴会の参加者H、N両君の写真とコメントつき。Photo
昨日は別な同級生M君と10年振りの図書館デート。近所のギャラリーで能面を鑑賞。
福島県三島町在住の能面作家、浅見晃司さんの作品展。                        「弱法師(よろぼし)」面⇒

その後、サテンに移動して2時間ほど四方山話(古事記、アイヌ語から原発まで)。なにせ相手は史学卒の元僧侶、話はとまらない。
古田武彦のファンだから邪馬台国は九州。(違いないけど・・)二風谷の萱野茂にも触れる。(古田氏も足元も微妙だから・・と、講演会は聴かないと、と今の関心事はソコ。私は安本美典寄りで近い。)   

帰らんちゃよか (島津亜矢)・・・聴いて! 

ブログランキング・にほんブログ村へ
そこで、先の封書の件、「東京か~。遠いな」。例のY君とは音信が絶えてたようだ。M僧侶は変遷が大きい人生だったから、ね。 で、今日は絶好の快晴、新緑の撮影日和なのに、CT画像の説明があって、某院診察室。胸部の腫瘍マーカーも消えないんで、血液も採られる。(PETーCTの判断は済んだのに・・・・)
表庭へ戻ったら、空気も澱み始めていて、奥山の新緑も見えないんで撮影は断念。
そういうことで↓

Kinennchu

▼イラン核問題だって
いつものように米国の過剰な猜疑心から出たガセネタ。これをNHKは解説(出川展恒?)で、正義の代表みたいな言い草でイラン批判に終始。欧米がイラン禁輸や経済制裁、尖兵イスラエルの空爆予告・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日

【金環日蝕】を携帯で撮ってみたが

Kinkan_2

こういう結果。勿論それなりのフィルターは使ってみた。ズームも望遠側の最大で。(ふつーの携帯だから。でも金環は解かるでしょう?)
勿論望遠付きデジカメも準備してたが、動画の開始ボタンを間違えたから、ダメだった。ベイリー・ビーズが撮りたかったし、只の金環食の画は平凡だし・・・と思って。(ま、金環食は皆既日蝕ほどドラスティックじゃぁないし、フレアも出ないし、結局、どーせ予定調和だ。)

今度の金星の太陽面通過は例のミラー400ミリで動画?で決めたいと思う。(派手さは金環食とは比較できないが。)
フィルムや遮光グラスの良否は今回確認できた。ドイツのBaader Planetarium社製のフィルムが1番。これで肉眼で見た瞬間は感動、シルバーだし・・・これだけ広い地域では932年振りだとか。
ブログランキング・にほんブログ村へ

皆既食でもないのに動物園で取材しても無駄なのに(海外の頻な例に倣おうとして、か、また風評をつくろうとして、か)、テレビのインタビューなどで『オレンジ色でキレイ!』といってた小学生。(安い遮光版使ったせいで!)この取材で日食はオレンジ色になるという固定観念を植え付けられたみたい。理科授業で多いケース。このままオトナになるんだろうな・・・・。

▼水道水にホルムアルデヒド
各浄水場の殺菌剤の塩素に反応して生成したんだとか。原因の特定はできないとか。
うちの浄水場でもかつて検出されたけど、評流水を飲用に使っている限りなんでもありえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日

【宮沢賢治】_アザリアの仲間たち、小菅健吉etc.

さくら市ミュージアムの企画展(第80回)だ。3月17日から明日までというぎりぎりのタイミングで、友人(企画展協力になってたようだ!おつかれさま)からのメールで間に合うことができた。(感謝・感謝・・)

Photo_2

こと賢治に関するイベントを欠かしたのでは申し訳ない。例えばTV・・見逃した番組や出版物は皆無。それなのに自分の地元開催の企画展、危うく見逃すところだった。
展示内容は盛岡高等農林時代のガリ版同人紙「アザリア」に関わるもの、メンバーの有り方・消息にかかわるものが中心で、大学構内の懐かしさに一時浸ってみたかったのさ。(当時の雰囲気は昭和40年代には未だ残っていたから・・・・。)だから、普段は買わない「図録↑」も買った。旧本部と岩手山の表紙に誘われて・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Photo

2
「風の又三郎」(島浩二監督1940年16mm)の上映もあった。係がピントに注意を向けないので、終始ボケボケだった。

観客の誰かが動くかと敢えて待ってみたのだが、結局戦前の映画だから、ボケは当然だからって誰も知らぬふり。
結局、後半も「さいかち淵」あたりでしゃばって調整依頼を試みたが、動画(上映中)は困難だった。(島監督の侮蔑?)

原画はビデオの違ってモウ少しクリアであってほしいと思ってたのに、宛がはずれた。

展示室では「宮沢賢治って短歌のひと?」って驚きの声も響いてた。

なぜ、さくら市でこういう「企画」が採用されたかっていう疑問は後日の機会に解決しよう。
尤も、小菅健吉が「さくら出身という絆や因縁」にかこつけたんだろうけど・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日

【連休】だから家族で裏磐梯をドライブ。

Photo_2

Dari3

2日目 猪苗代・諸橋近代美術館に寄る。 残雪の間にフキノトウが伸び放題、川は安達太良の雪解けで一杯。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Dari02

ウォーホールの版画は見た。

Dari

山田五郎のギャラリートークは終わってた。磐梯山がキレイ・・・。
コーヒーブレークは館内で、トアルコ・トラジャー。

Photo

初日29日は「西田記念館」。この日の福島は本州1の気温で、30度越えだったのに、隣のビール工房を見えぬふりして素通りするなど、我慢の日であった。!ピザで昼食。)

Kokesi_2

『奈良美智』の「こけし」。愉快なモノに出会った思い。『さくらモモコ』の「絵付けこけし」なんてのもあったが、当然館内撮影禁止だから画像はない。

お昼は喜多方ラーメン。
五色沼から山越えして、喜多方。真っ白な飯豊山がかすんでキレイ。
久し振りなので↓赤レンガへ直行。のはずが、タテ道など道路状況が変わって、若干の時間ロス。遅い昼食になったが、その分余計美味かったかもしれない。

Ramen1_2

▼なんだかんだで 都合530Km。藤岡のツアーバス事故のニュースもあったから、高速使うのを躊躇ったが、初日の天候をみて、東北道を一気に安達太良s.Aまで北上、その後じんだら走行、思ってより車は少ない・・・(放射性物質の)風評はすごいなーーー。
泊まりはリステル猪苗代、夕食バイキングにしてたんで後悔、やるもんじゃぁ無いって今頃気付いた。(連休料金・倍価格だが、まるで運動部強化合宿!だ。通常で8,800円通りのサービス!)

(食品の放射性物質のニュースを見て)・・・原木しいたけ、国の基準がコロコロ変わるから消費者を惑わす。『朝令暮改』は自民党だけの特技だったのに・・・・・。
(道路のスピード制限みたいで、60キロ制限が或る日40キロになり、これ以上は減点だ!ってやつと同じ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日

【やまざくら】(那須塩原市大貫)

_20120424_156ar

いつもの圃場の畔道。さすが4月も下旬ともなると、遠山の雪陰は消え去っている。

曇りが続いた日々の中、たまの晴れ間だったので遠周りして寄ってみた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

花が遅れたせいか、葉の伸び加減が目立つ。遠くの山にもさすが雪蔭は望めない。

↓:左【4月27日のNHKときめきとちぎに採用された作品】

_20120424_152ar1

_20120424_160ar_20120424_159

廃棄されたホダ木から出た椎茸
(旨そう!!!)

日々是好日

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日

【白河:小峯城の桜】を偵察したところ

_20120421_141ar

_20120421_143

あの地震被害のあと工事囲いから進展していないようにみえる。自公の包囲網だ。

桜は開花後間もなく、木それぞれ2分から5分咲きぐらい。
だが、城址公園は当分の間、篭城を続けるだろう。

▼こんなところにも逆転参議院勢力の弊害がでてくる。
この1年以上、この石垣修理に手を掛けた様子なない。

市の計画には

【小峰城跡(国史跡)】,石垣崩落9箇所,平成23年12月より開始予定,本丸立入不可、とある。

↓出店も少しでているが、桜を目当ての観光客もスタッフも戸惑ってる。かつての桜祭りの勢いはすっかり霞んだ。

_20120421_137

_20120421_146

_20120421_145

_20120421_140

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日

【カタクリ(県民の森)】だって

_20120417_102cut

咲き遅れるかと危ぶんだが、さほどの遅れもなく満開となった。_20120417_99
ただし、天候が崩れて、雲が多く光は多くない。それどころか、雨も落ちてきたし、雷音(らいさま)も響きだした。そんな天候だから、かたくりだってほとんど俯き(下向き)で、後日日差しをみて、再度訪れるとしよう。ブログランキング・にほんブログ村へ

ほかに咲いている花は一輪草とスミレ類が若干。

翌日⇒

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日

【花見】寸景(長峰公園)

Kc3h0008

例年より10日遅れでお花見。花は5部咲き。人出は十分、一目3000人くらいという声。ブログランキング・にほんブログ村へ

Kc3h0004

私らは男ばかり10人、カウンター割烹屋の常連グループだ。瓶ビール1ケース、清酒1升瓶4に刺身(一本釣りの初鰹、フツーの盛り合わせ、揚げ物・切干大根などのお惣菜などのお摘みetc.。瓶ビールケースを花見に持ち込むなんて選挙事務所かぁ・・・w)

話題は先日の市長選挙の結果の評価とそれぞれの投票行動、「みんな」政党や身近な放射能情勢など。

120415_150401隣のグループはきっとベトナム人グループ、中国人のグループもあった。震災以後当分の間見かけなかった、今は純日本式お花見スタイルで盛り上がっていた。あとはフツウの家族、ご近所グループ。日曜日だから職場の団体は少ない。
見たとおり、サクラは写真取材できる開花レベルではないので「撮影」は後日とした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«北朝鮮ミサイルなんて怖くない?!